通学下校時も徹底したい防犯対策

さまざまな場面で防犯に対する意識が高まっています。普段通いなれている通学路では、子どもたちが安心して通えるように交代で見回りをしたり防犯グッズを持たせたりなど、地域で多くの取り組みを行なっている場所が増えています。親が一生懸命防犯に対する意識を高めていてもそれが子どもにも徹底されていないと意味はありませんので、家族で防犯に対する話し合いをしたりするなど意識付けをする必要があるわけです。通学中にもし不審者に声をかけられたりした場合に交番がどこにあるのか、逃げ込める場所はどちらの方向にあるのかなど、一緒に通学路を歩きながら子どもに教えておくことも大切と言えます。何かあってから慌てて対策をしても遅い可能性が高いですので、最初に防犯に対する意識付けを行なっておくと良いです。

通学を安全に行うための防犯術を子どもと考える

家庭の中で話し合いを重ねて、さらに通学路を何度も歩きながら防犯に対する意識付けをしていくことが大切です。例えば、通学路のどこに交番やコンビニエンスストア、駆け込みができる家があるかを教えておきます。自分の居場所をしっかりと把握させてどの方向に逃げれば良いか、どの場所に逃げ込めばいいかを徹底して教えます。これは家の中で地図を見せながら話していても、実際にそういった場面に遭遇したときに子どもだけで瞬時に判断をして行動に移すことは難しいです。通学路を歩きながら何度も細かく教えてあげることによって突発的なトラブルに遭遇しても防犯術を実行することができるようになります。そして一番大切なのは家族の言葉を信じるということです。知人を装って近づく人もいるのでまずは家族に連絡を取るということを教えるのも大切と言えます。

通学中に使用する防犯グッズは年齢に応じて変えていく

防犯対策の一環として、通学中に子どもでも使える防犯グッズを持たせている親も多くいらっしゃいます。実際に利用することは少ないかもしれませんが、人から見えるところに防犯グッズを付けておくことで防犯効果を高めることができますので、大丈夫と思っていても子どもには何かしらのグッズを持たせることが大切です。また持たせるグッズは成長に応じて変化を持たせることが大切です。例えば、小学校1年生くらいが持つものは単純なつくりのものが良いです。引っ張れば音が鳴るものやボタンを押すだけで良いというワンアクションで使えるものがおすすめです。小学校の高学年になり塾や習い事に通わせ帰宅が遅くなることが増えたら、GPS機能が付いたスマートフォンを持たせることをおすすめします。まだ携帯を持たせるのはちょっと…と考える人には位置情報や緊急通報のシステムが搭載された防犯グッズが良いです。

チャージ残額も通知される見守りサービスは、まもレールだけです! 子どもの成長とともに、行動範囲が広がることに抱く不安を、当社サービスがサポートします!通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 JR東日本、山手線・中央線(東京~高尾駅間)にて、当社のサービスを開始いたしております。 通学の防犯対策はまもレールがおすすめです