ちょっとしたポイントで手軽にできる通学時の防犯対策

不審者による犯罪は子供達の通る通学路が狙われやすくなっています。人通りの少なく死角となる場所が多い道は連れ去りが起こりやすい非常に危険な場所です。それを防ぐ為の防犯対策は、出来る限り友人と登下校を共にして一人で帰らない、知らない人に話しかけられても付いて行かない、身の危険を感じた時は大声を出して直ぐに逃げる、常に防犯ブザーを身に付ける事です。緊急時やトラブルが発生した際に適切な対処が出来る子供達は少ない為、何かあった時に逃げ込める安全な場所を見つけておく事も重要です。交番の場所や子供110番シールのある店舗や家を確認しておくもの必要です。防犯対策として何より簡単なものは、学校から指定された決められた通学路は必ず守るという事です。指定の通学路は防犯対策が立てやすく、万が一トラブルが発生した際にも学校や警察等も迅速に行動を起こす事が出来ます。

親が子供にしてあげられる防犯対策

通学時に最も気を付けなればならないのは、登下校時に子供を一人にしないという事です。一人にならない方法を子供と一緒に話しあったり、近所に同級生がいつ場合は出来るだけ一緒に帰れるように親同士が事前に話し合っておくのも一つの手段です。こども110番の家や店舗は子供を保護して警察への連絡に協力してくれる家なので、親子で通学路を歩き、しっかり教えておく事が大切です。防犯対策として防犯グッズを持たせるのも一つの対策です。防犯ブザーは小さな子供にも使いやすいように簡単にブザー操作が出来るようになっているので、本当に困った時に身を守る物だという事をしっかり教える事が必要です。キッズ携帯は子供が使う機能を絞ったもので、各携帯電話会社から販売されています。GPS機能を使って子供の居場所も確認する事が出来ます。迷子の時や登下校の際も子供の位置を確認できるので、とても便利です。

通学途中の駅構内や電車内での防犯対策

通学時に電車を利用する場合、満員電車や混雑している駅構内では、鞄の中に収納している貴重品を抜き取られる危険があります。それを防ぐ為にも、チャック付の鞄を持つのが良いとされています。チャック付の鞄は貴重品を抜き取る事が困難になる為、盗難対策として非常に効果的です。チャックが無い鞄を持ち歩く場合は、携帯電話、財布、定期入れ、家の鍵といった主だった貴重品だけでも鞄の内ポケットに収納するのが大切です。ズボンの後ろポケットに財布や携帯電話を収納するのも、混雑した電車内では死角になりやすく、気が付かないうちに貴重品を抜き取られるリスクが高まります。貴重品はジャケットの内ポケットか、ジャケットを着用しない時期はズボンの前ポケットに入れると防犯性が高まります。居眠りは防犯上最もリスクが高い行為になります。どうしても寝てしまいそうな時は、あらかじめ貴重品を胸ポケットに収納する対策が必要です。