新入生に共有したい通学にできる防犯対策

子供にとってはとても楽しい学校生活、ですが保護者にとっては親の手を離れての通学に不安を感じる事も多いでしょう。不審者による連れ去り、声掛けの多くは、登校時間にあたる7~8時台、下校時間にあたる15~17時台の通学路で多く発生しています。対象は高学年よりも低学年の1人で歩いている児童の方が多く、「道案内をして欲しい」「ゲームをしよう」や「お母さんが呼んでいる」など、言葉巧みに接近してきます。通学路は保護者や教員の目の届かない場所での出来事ですから、登下校時の防犯対策については、普段からよく子供とよく話し合う必要があります。いざという時の備えに、備え過ぎはありません。不測の事態が起こってから後悔しないよう、親子共々しっかりと防犯対策を考え、身に着ける必要があるでしょう。

防犯対策の近道は通学路を知る事

いつでも保護者が付き添っていられるなら、それが一番の防犯対策かもしれませんが、子供1人で出掛ける事は、教育上とても大切な事。ならば安心して出掛ける事の出来る対策をする事が、保護者の役割として大事でしょう。通学の際の防犯対策としてまず一番に大切なのは、通学路を知る事です。親子で一緒に歩いてみて、親が「危ない」と感じる場所だけでなく、子供が「怖い」と感じる場所を知る事も大事です。そして「死角」。死角とは、「見えづらい場所」だけでなく、「普段興味がない場所」も死角なのです。まずはそれらの場所に注意する、近づかない事が大切です。また、いざという時に助けを求められる「子供110番の家」やコンビニなどの店舗も確認しておきます。危険な場所、SOSを求められる場所を記した防犯マップを親子で作成できれば、よりより防犯対策になるでしょう。

安心して通学する為に防犯グッズを身に着ける

通学時に防犯グッズを身に着ける事も有効です。防犯ブザー、ホイッスル、GPS機能付き子供携帯などを見える場所に身に着け、防犯対策をしっかりしている児童だとアピールするだけで、不審者へのけん制にもなります。もちろんいざという時に使う事で、犯罪を未然に防げる可能性が高まります。防犯グッズはただ持たせているだけでなく、子供と一緒に使い方の確認やメンテナンスもしっかりやっておきましょう。防犯ブザーは引っ張るだけで大音量が出るアイテムです。より音が大きく耐久性の強いものを選びましょう。ホイッスルは電池も必要なく価格も手頃なので、ぜひ1つは身に着けていたいアイテムです。子供携帯はいつでも連絡の取れるアイテムなので、安心にも繋がります。防犯ブザー共に電池は十分か常に確認しておく必要があります。防犯対策はやり過ぎという事はありません。安心して通学できる環境を整え、楽しい学校生活を送らせてあげたいものです。