明日から取り入れられる通学時の防犯グッズ

ここ近年、通学中の小学生のお子さんや女子高生をまき込んだ犯罪やトラブルの発生が後を絶えません。特にお子さんは弱者なため、保護者など大人が犯罪からお子さんを守らなければなりません。その手段として、いざという時に自分の身を守ってくれる防犯グッズの活用が考えられます。手軽に利用できる防犯グッズは、様々な種類があり、中でも使いやすさと防犯効果の高いアイテムは防犯ブザーです。不測の事態に大音量の警告音が鳴り響き、犯罪から守ってくれます。自治体によっては小学校入学時、全員に無料配布しており利用者は年々増加しています。防犯ブザーの大音量には届かないもののホイッスルも昔から防犯グッズとして有名です。その他、スマートフォンの急速な普及に伴って子供用スマートフォンをお子さんに持たせるケースが増加しています。GPS機能を利用しお子さんの位置を確認します。このような防犯グッズは簡単に手に入り、即、活用できます。

通学時の安全を確保する効果性の高い防犯対策とは

お子さんの通学時の安全性を担保すべく取組みは、防犯グッズの携帯、活用による犯罪抑止だけでは不十分です。効果性の高い防犯対策とは、第一に、お子さん複数が一体となって通学する集団登下校です。登下校する姿はとても防犯力が高く、有効と言えます。第二は、地域の方々の見守りです。登下校時間帯に保護者や地域ボランティアの方が横断歩道や交通量の多い危険地区などで安全確認、誘導を行います。第三が、通学ルート内の安全阻害箇所の是正です。例えば、樹木が歩道に生い茂り、見通しを悪くしている状況を改善します。また無人駅がある場合は、出入口に防犯カメラ設置により犯罪抑止に繋げます。最後に、様々な防犯対策が考えられますが、もし保護者に時間と余裕が有れば、親の送り迎えに勝る防犯対策はありません。ひと昔前は、過保護と言われましたが、昨今の悲しい出来事を考えれば、十分に理解できます

護身用の防犯グッズを利用し、通学時の危険リスクを除去します

通学中に、連れ去りやイタズラなど犯罪に巻き込まれる可能性は、小学生などのお子さんに限った出来事ではありません。特に中学生や高校生の女子生徒は、変質者やストーカーなどの出没に対する防犯対策を真剣に考え備えておくことが大切です。そのためには、まず自身の通学行動を点検する必要があります。毎日、同じ時間に同じルートで行き来する習慣が仇となり、犯罪に巻き込まれる可能性があるからです。定期的に通学ルートの変更や、遅くなった場合は親御さんの迎えなど、危険リスクを抑止する対応を実践します。その他、防犯グッズの中で護身用として自分の身を守る強力アイテムの活用です。おすすめは、催涙剤を顔にめがけ噴射する催涙スプレーや相手に電気ショックを与え、撃退するコンパクトスタンガンです。共に小学生等のお子さんには適していません。