防犯対策で見落としがちな通学時の注意点

近年では、通学中の子供をターゲットとした犯罪が多くなってきています。子供の安全を守るために、防犯対策を普段から意識して行っておくことが大切です。すぐにできることとして、親から子供への注意喚起があります。知らない人についていかないことは当然のこととして、さまざまな状況を想定しておくことで、子供の防犯意識も高まります。通学時に犯罪に巻き込まれないようにするために、防犯グッズを身に付けておくこともおすすめの方法です。ランドセルやかばんに付けられるタイプの防犯ブザーは昔からありますが、最近ではさまざまな防犯グッズも販売されています。ランドセルカバーに防犯ブザーが仕掛けられたタイプでは、後ろからランドセルを掴まれるとカバーが外れて防犯ブザーが鳴る仕組みになっています。

現代ならではの防犯に役立つグッズ

通学時の防犯グッズと言えば定番は防犯ブザーですが、現代ならではの技術を駆使したグッズもあります。目的は防犯だけではありませんが、GPS機能を搭載した子供用の携帯電話も多数発売されています。これを持たせておけば、今子供がどこにいるのかが親にはすぐに把握することができるので、子供を送り出した後でも安心です。いつもよりも帰りが遅いという場合にもすぐに居所を調べることができます。また、携帯電話としての機能ももちろんありますので、子供と連絡が取りたい時にも電話をかけることができます。親や祖父母などの電話番号を登録しておけば、ボタン1つで電話がかけられるので、番号を押す手間もありません。防犯グッズを身に付けているというだけで、犯罪者が犯罪を起こすことを躊躇させる役割もあります。

子供の通学時の安全を守るためにしておきたいこと

近年は子供をターゲットとした犯罪が後を絶ちません。子供をターゲットとした犯罪は、通学時に多く発生しています。そのため、安全に通学できるように、親も対処しておかなければなりません。自治体によっては、小学校入学の時に防犯ブザーを無償で配るところもあります。街中では防犯カメラも至るところに設置されてきており、社会全体で子供を守ろうという動きも出てきています。学習塾などでは、子供が塾に到着した時や塾を出た時に親にメールで連絡をするサービスを行っているところもあります。かばんや持ち物の目立つところに名前を書かないことなども、個人を特定させないためには大切なポイントです。また、通学時や下校時に地域のパトロールへの参加や、交通立ち番を積極的に行うことも防犯につながります。